PHPで自動バックアップ

こんにちは!作者のActiveTK.です。

今回は、PHPにて自動バックアップをするコードを紹介したいと思います。

このサイトにはスターサーバーを利用していますが、スターサーバーの弱点に「自動バックアップ機能が無い」という部分があります。

なので、今回PHPを利用して定期的にバックアップを作成するプログラムを作りたいと思います!

1. PHPの弱点

PHPには「定期的に実行」という概念がありません。

なので、今回は「Cron」という技術を利用して定期的に実行してみます。

Cronが無い場合はPHPのSleep関数を利用して、「バックアップして、n万秒待って、を繰り返す」みたいな事をするしか無いようです。

しかし、PHPには実行最大時間があります。

これはphp.iniにて変更可能ですが、この方法では常にメモリーを食っている(基本的に数MB)状態になるのであまりオススメは出来ません。

2. 本題

とりあえず、以下のコードをコピペして保存し、変数の値を書き換えましょう。

<?php
// ファイル名: 任意の文字列.php
// 動作保証はありませんが、自由に編集して利用してください。
// Created by ActiveTK. <webmaster@activetk.stars.ne.jp>

// 現在時刻を取得
$dt = date("Ymd-His");

//////////////// //////////////// ////////////////
//////////////// ここから編集必要 ////////////////
//////////////// //////////////// ////////////////

// バックアップしたいフォルダーの絶対パス
// レンタルサーバーだと
// /home/ユーザー名/ドメイン/public_html/
// などの形式になる事が多い
$dir = "/home/example/example.com/public_html/";

// 保存先
// 拡張子を必ずzipにする事!
// $dt には現在時刻が入る (ex: 20210606-1634)
// 出来れば非公開ディレクトリが良い
$file = '/home/example/example.com/backup/backup-'.$dt.'.zip';

// バックアップの結果を送信する送信先のメールアドレス
// Cronの結果は出力出来ないので設定する事を推奨
// レンタルサーバーだと迷惑メール扱いされる可能性あり
$tomail = 'sp@activetk.cf';

// バックアップの結果を送信する送信「元」のメールアドレス
// @の後のドメインと送信元IPアドレスのドメインが違うと迷惑メール扱いされる事が多い
// 「serverlog@自分のサイトのドメイン名」にする事をオススメ
$mailfrom = 'serverlog@activetk.cf';

//////////////// //////////////// ////////////////
//////////////// ここから編集不要 ////////////////
//////////////// //////////////// ////////////////

// zip圧縮関数
// https://php-archive.net/php/zip-directory/
function zipDirectory($dir, $file, $root=""){
    $zip = new ZipArchive();
    $res = $zip->open($file, ZipArchive::CREATE);

    if($res){
        if($root != "") {

            $zip->addEmptyDir($root);
            $root .= DIRECTORY_SEPARATOR;
        }
        $baseLen = mb_strlen($dir);
        $iterator = new RecursiveIteratorIterator(
            new RecursiveDirectoryIterator(
                $dir,
                FilesystemIterator::SKIP_DOTS
                |FilesystemIterator::KEY_AS_PATHNAME
                |FilesystemIterator::CURRENT_AS_FILEINFO
            ), RecursiveIteratorIterator::SELF_FIRST
        );
        $list = array();
        foreach($iterator as $pathname => $info){
            $localpath = $root . mb_substr($pathname, $baseLen);
            if( $info->isFile() ){
                // パスに「backup」が入っているものはコピーしない
                // 任意だが、バックアップしたzipファイルをさらにバックアップしてしまう可能性がある為、
                // 残しておく事を推奨
                if (strpos($pathname, "backup") === false)
                  $zip->addFile($pathname, $localpath);
            } else {
                $res = $zip->addEmptyDir($localpath);
            }
        }
        $zip->close();
    } else {
        return false;
    }
}

// 単位変換関数
function convert($size)
{
    $unit=array('Byte','KB','MB','GB','TB','PD');
    return @round($size/pow(1024,($i=floor(log($size,1024)))),2).' '.$unit[$i];
}

// 時間計測用
$phpstarttime = microtime(true);
$starttime = time();
$startmemory = convert(Memory_get_usage()).", ".Memory_get_usage()."Byte";

// 圧縮実行
zipDirectory($dir, $file);

// メール送信用にファイル数をカウント
$fairusuu = 0;
$dsuu = 0;
$iterator = new RecursiveDirectoryIterator("/home/activetk/");
$iterator = new RecursiveIteratorIterator($iterator);
foreach ($iterator as $fileinfo) {
    if ($fileinfo->isFile()) {
        $fairusuu++;
    }
    else if ($fileinfo->isDir()){
        $dsuu++;
    }
}

// 時間計測用
$endtime = (microtime(true) - $phpstarttime)."s";
$endtimex = time();
$edt = date("Ymd-His");
$endmemory = convert(Memory_get_usage()).", ".Memory_get_usage()."Byte";

// メール送信
$body = '<body style="background-color:#e6e6fa;text:#363636;"><div align="center"><p>[バックアップ実行ログ]</p><hr color="#363636" size="2"><h2>バックアップを実行した条件及び結果は以下の通りでした。</h2>'.
   '<p>実行時刻: '.$dt.' ('.$starttime.')</p><p>終了時刻: '.$edt.' ('.$endtimex.')</p><p>経過時間: '.$endtime.'</p><p>バックアップ元: '.$dir.'</p><p>出力先: '.$file.'</p><p>ファイルサイズ: '.@convert(@filesize($file)).'</p><p>開始時メモリー: '.$startmemory.'</p>'.
   '<p>終了時メモリー: '.$endmemory.'</p>'.
   '<br><hr color="#363636" size="2"><font style="background-color:#06f5f3;">Copyright &copy; 2021 ActiveTK. All rights reserved.</font></div></body>';
mb_language("Japanese");
mb_internal_encoding("UTF-8");
define("MAIL_TO_ADDRESS", $tomail);
define("MAIL_SUBJECT", "[バックアップ実行ログ]");
define("MAIL_BODY", $body);
define("MAIL_FROM_ADDRESS", $mailfrom);
define("MAIL_FROM_NAME", $mailfrom);
define("MAIL_HEADER", "Content-Type: text/html; charset=UTF-8 \n".
"From: " . MAIL_FROM_NAME . "\n".
"Sender: " . MAIL_FROM_ADDRESS ." \n".
"Return-Path: " . MAIL_FROM_ADDRESS . " \n".
"Reply-To: " . MAIL_FROM_ADDRESS . " \n".
"Content-Transfer-Encoding: BASE64\n");
if (!mb_send_mail(MAIL_TO_ADDRESS , MAIL_SUBJECT , MAIL_BODY , MAIL_HEADER, "-f ".MAIL_FROM_ADDRESS)) {
  // メールを送信出来なかった場合の処理
  // echoで表示する
  echo "メールを送信出来ませんでした。";
}

// 一応echoで表示
echo $body;

// 脆弱性対策にPHPの終了タグは無し

3. 動作確認

変数の値を置き換えて実際にブラウザからアクセスし、動作するか確認してみましょう。

応答には数秒から数分かかり(ファイル数による)、「[バックアップ実行ログ]」が表示されれば成功です。

メールも送信されているか確認してみましょう。

動作しない場合は、「zipに対応していない」や「PHPのバージョンがあまりにも古い」などの原因があります。

4. Cron設定

これはサーバーによって設定方法が違うのですが、スターサーバーではライトプラン以上であれば管理パネルから設定可能です。

実行するコマンドは「PHPの実行パス + ” ” + バックアップするPHPのパス」です。

スターサーバーでは、「/usr/bin/php7.4 /home/ユーザー名/..(省略)../backup/backup.php」のように指定します。

日時などはどのくらいの間隔で実行するかによります。

毎日実行したいのであれば、時間に「12」分に「00」と指定して、それ以外の枠に「*」と記入すればOKです。

※秒数の欄がある場合には*ではなく「00」などと記入する事!

投稿日:
カテゴリー: PHP

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です